スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級「振り返り記事(対策法)」の再掲~二次試験

と言う訳で、お伝えした通り、連日の社内研修の講師準備のため「毎日が一夜漬け状態w」につき、、「The 手抜き記事シリーズw」ということで、昨日今日は英検1級合格時にシリーズ化して書いた「振り返り記事(対策法)」の再掲です(リンク集+総論的な加筆)。で、今日は二次試験の方。

一昨日、昨日と申し上げましたが、kosu0621の英検1級動機は「将来の海外駐在に備えて、英検1級の二次の面接を経験しておくことはいい経験になる」と思い受験を決意したものです。したがって、二次に関しては「(合否度外視で)いかに二次の面接の経験を将来に結びつけるか」ばかり考えていました。

なので、二次試験を「英語でコミュニケーションを行う訓練の場」と捉えて、あえて対策は最低限にして、「ガチンコ勝負w」で「そんでもってkosu0621のスピーキングでのコミュニケーション能力はどうよ?」を確認しに行くスタンスで臨みました。

100212

そこから導き出された自分の戦略は、以下の通りです。
  • 面接では「スピーチ」よりも「質疑応答」に気合を入れる(⇒採点では「Interaction」だけ狙いに行く)
  • 「スピーチ」に関しては、最初(Intro)と最後(Conclusion)の入りだけ決めておく(⇒これはプレゼンの基本でもあるしね)
  • 反対に「スピーチ暗記」「論点の潰しこみ」はやらず(⇒目先の合格より、将来を見据えて)
そんなkosu0621が一次試験合格直後に書いた「振り返り記事(対策法)」が以下のものです。
(参考:①英検1級一次及び二次最終結果、②二次試験本番のレポート記事←kosu0621のブログ記事の中で、自分では一番の大作だと思っていますw)

kosu0621の場合受験動機が動機なだけに、一次はかなりシビアになっていた部分もありましたが、二次に関しては「辛い辛い一次も終わったんで、後は楽しむ楽しむ♪」と思っていて、そうしたリラックスした姿勢が実は一番大事な気がします。幸い二次もすんなりパスしましたが、正直合格したうれしさよりも、むしろ「え~、もう二次の面接受けれないじゃん!二次の面接はお金を払ってでも毎回受けたいのにorz」という気持ちが強かったと記憶しています。それくらい、二次の面接はいい経験だとマジで思います(→そうかと言って、一次から受け直す気概は一切なしw)。

と言う訳で、
「The 手抜き記事シリーズw」ということで、英検1級合格時にシリーズ化して書いた「振り返り記事(対策法)」の再掲でした。連日の社内研修の講師も今日でひと段落したので、明日から通常営業に戻ります。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。