スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第152回TOEIC公開テストの受験後感想

本日TOEICを受験された方、どうもおちゅかれ様でちた~

kosu0621も一生懸命頑張ってきたでちゅ~

TOEIC2

って、流石に最後まで続けるのはムリなので、標準語に戻しますw

という訳で本日のTOEICを受験しましたが、昨日も書いた通り、今回は「お久しぶり♡」のTOEICなんで、点数は意識せずに「試験の感覚を取り戻す」ことを主眼に置いての受験でした。試験の点数はともかくw、一応、簡単に「超主観的」インプレッションを。

【全体】
問題の難易度試験の傾向は、特段これまでと大きく異なるようなことはないという印象を持ちました。あとは、自分の実力不足と準備不足の問題かとw

【Part1、2】
難易度は、いつも通りでしょうか(→点数は知りましぇんw)。惜しむらくは、十分想定済みでしたが、自分の斜め後ろの受験生が「リスニングの出だしでクシャミ」をして、途中ちょっとペースが崩れたこと。

【Part3、4】
英検1級の経験が活きたためか、従来よりは楽には感じました(→点数は知りましぇんw)。TOEICのPart3、4と英検1級のPart1、2は形式が近いですが、英検1級の場合、「リスニング量が長い」「内容がムズイ」「質問文がアナウンスのみ」と受験当時は「罰ゲームじゃん」と思っていましたが、今日のTOEICを受験してみて「大リーグ養成ギブスの役割を果たしてくれたね」と、初めて(?)感謝の気持ちを持ちました。

【Part5、6】
文法問題の準備は明らかに不足していたので予想はしていたのですが、これらのパートが、今回一番ブランクの影響が出てしまいましたね。全体的に感覚が戻っていない印象で、こまでに比べても「テキトーにマーク♥」の問題が、明らかに多かったような気がします。

【Part7】
いつも通りっす(→点数は知りましぇんw)。試験のブランクはありましたが、kosu0621にとっては、英検1級の長文問題の題材に比べ、comfortableでfamiliarな題材が多く助かりました。

【その他時間配分など】
時間配分については、ブランクによる不安はあったのですが、意外にすんなり行きました。毎回5分前に終わるような時間配分を予定しているのですが、今回も「5分前に終了→1分かけてマークミスやマークのズレのチェック→残り4分間は試験官のお姉さんへ視線を投げかけるw」といつもの流れとなりました。自分で言うのも何ですが、こと試験については比較的「即断即決」出来る方だと思っています(→私生活では「優柔不断」「未練タラタラ」男ですがw)。

ただ、試験に対する集中力に関しては、「一瞬ボーッとする」「(試験官のお姉さんのことなど)試験と関係ないことに意識が向く瞬間がある」ことが以前に比べて頻繁に起きたことは、今後のことを考えると気になるところですね(→年のせいか???)。

【まとめ】
と言う訳で、今日のTOEICの「超主観的」インプレでした。点数は本当に「どーでもいーいですよ」(←だいたひかるの口調で)というスタンスでしたので、「ありのまま」を受け入れようと思います。少なくともPart5、6が「イマイチ」どころか「イマサン」くらいなので、自己最高点更新はまず無理かと。今後の対策は点数が出てからですが、ひとまずPart5と6は対策が必要なことは間違いなさそうですね。

ま、でも、「試験の感覚」を取り戻せて、次回以降まずもって手を打つべきポイントが明らかになったので、受験して良かったと思っています。次回は3月14日(日)ですが、そう言えばまだ申込んでいなかったので、これかれ申込みますw

↓ 昨日同様、上記の写真を見て笑った方は「ボタン」を押してね
I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。