スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語学習再開その前に:「英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法」を読み返す

英検1級一次試験から2日。自己採点もボーダーラインであり、すぐに高いテンションで英語学習再開という気分にもなれず。今週はあまり無理せず、むしろ英語学習の振り返りの週としたいと思います。

2日前の英検の直後に立ち寄った書店で、懐かしい本があったので、思わず新たに買い直しました。

英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法
英語嫌いの東大卒が教える私の英語学習法 (アスカカルチャー)

この本は4年前に発売された本ですが、今回改めて読み返してみて、4年前には気づかなかった素晴らしい点を色々再発見できました。それは、第1章に書かれている語彙増強の方法論です。

語彙増強は英語学習者であれば万人に共通する悩みであり、特に英検1級受験を志す上では避けては通れない部分だと思われます。kosu0621も今回の英検1級受験に当たっては、Pass単暗記に相当な労力と時間を投入したのですが(⇒反面長文問題は壊滅だけどねアップロードファイル)、奇しくもkosu0621の採った方法とこの本で紹介された方法論にはかなり共通点があり、その点改めて「kosu0621の考え方は、間違ってないじゃんファイトと安心しました。

この本では「覚えるときの次元を増やす」ということを強調しています。言い換えると、思い出すためのシチュエーションを多くすべしということを言っており、思い出すための次元として、「席替え効果」「カテゴリー化」「チャンク化」「音声」「分野別」「英英辞典」「絵」「語源」「語呂合わせ」などを挙げています。実際kosu0621も、一つのリソースに絞らず、単語ごとにその単語を暗記するのに最もマッチした方法を適宜変えていったので、それが功を奏して今回の英検1級も語彙問題(だけ!)はいい点が取れたと思っています。

また、著者の小川慶一さんは2003年に英検1級を取得している方で、その時の勉強法をご自身のホームページにまとめられています。一次試験に関しては現行の試験形態と異なるのですが、二次のスピーチを含め戦略面では役に立つ部分もあると思います。

この本のサブタイトルは「TOEICテスト900点突破6カ月プログラム」とありますが、むしろ英検受験者(特に1級受験者)にとって語彙増強の方法の参考にもなる本だと今回改めて思いました。


I'd appreciate it, if you could click the button below!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。