スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとまずLong-Term Visit Passに切り替えておいた



これまでのStudent Passが来月上旬で切れるので、Long-Term Visit Pass(以下、LTVP)に切り替えました。

LTVPはImmigration & Checkpoints Authority(ICA)が管轄していて(→ちなみに、Employment Pass(EP)はMinistry of Manpower(MOM)の管轄)、いくつか種類のあるLTVPのうち、今回kosu0621が申請したのは、"Visitors who are Students of Institute of Higher Learning Seeking Employment in Singapore"というものです(→詳しくは、こちら参照)。

ICAのサイトには「最大で6週間かかる」と書かれていたので、11月下旬から手続を開始していて、その間にインタビュー(?)や健康診断書の手配等をはさみ、約3週間程で手続が完了しました。参考に時系列で示すとこんな感じ。



途中「はて?」と悩んだりした点を含めて、留意点として知っておいた方がいい部分をまとめておきます。

(1)
所定のフォーム(Form 14)に「LOCAL SPONSOR」のパートがあるので、最初NUS MBAオフィスに相談したところ、NUSとICAとの取り決めで、NUSの学生については不要とのこと

(2) 必要書類の一つに「Applicant's highest educational certificate」があり、まだ卒業が確定していない今の段階で、どの書類(→具体的には、はるか昔の日本の大学の卒業証明書か、それともNUSの卒業見込証明書か)を出すか迷いましたが、ひとまずMBAオフィスに「卒業見込証明書っぽいものw」を作ってもらい、それで対応

(3) ICAには、①オンライン申し込み後の必要書類に提出&インタビュー、②最終手続&LTVP受領、の2回行くことになるのですが、後者はオンライン上で日時を指定して予約ができるのに対して、前者は「この日のこの時間に来い。以上」というメールが突然来るので、その心づもりで(→自分の場合27日の深夜に「29日の朝一に集合」というメールがw)

(4) 必要書類の一つに健康診断書もありますが、NUSの場合、University Health Centre(UHC)で健康診断を受けて、健康診断書を作成してもらうことが可能。なお、健康診断が受診可能なのは、平日のうち「火、水、木」の3日間で、健康診断書の作成には5営業日必要(→週末挟むと実質1週間後)

昨今EPの厳格化が叫ばれるシンガポールですが、LTVPについては必要書類さえ揃えれば、問題なく発給してくれるようで、とりあえず、これで向こう一年間は合法的にシンガポールに滞在可能です(→Passの趣旨がNUS等の学生が卒業後にシンガポールで職探しするためなので、もちろんこのPassで就業は出来ませんし、職に就いた時点でEPに切り替えが必要)。

ただ、①(想定の範囲内ですが)タイミング良くすぐに自分のバックグランドに合った仕事をシンガポールで見つけるのは簡単ではなく、少々時間がかかりそう、(意外にも?)一番話が進んでいる案件は、勤務地がシンガポールでも日本でもない第三国で悩ましく、③(「Plan B」として)ひとまず登録だけした日本の転職サイト(→色んなエージェントが参加するポータル的なサイト)からは、思っていた以上に各エージェントから個別の案件の紹介が多く、これまた悩ましいといった感じで、「はてさて、どうしよう!?」と気持ちが揺れ動き始めているのも事実です。

とりあえず、人の意見も参考にしつつ、今後の方向性を決めていこうと思います。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
スポンサーサイト

MacBook Pro(13インチRetinaモデル)開封の儀とか感想とか



という訳で、昨日記事にした通り、これまで使用していたMacBook Proが壊れたので、急遽新しいMacBook Pro (Retinaディスプレイモデル) を買う羽目になりました。

今日は「開封の儀」みたいなこととか、このモデルのウリであるRetinaディスプレイのぱっと見の感想について書いていきます。

開封の儀
Macのいい所の一つは、箱から取り出して実際に動かせるまでの手順や時間がかなり短いこと。




箱を開けた


PC本体と付属品


PC本体


付属品


電源を入れる前の外観


電源を入れた後の最初の画面


ロケーションとか


Terms and Conditionsとか


iCloudとか


セットアップ終了


最初の画面


ネットにもつないだ


今回はブログ用に写真を撮りながらでしたのでその分時間がかかりましたが、恐らく実質的には箱から取り出してネットにつながるまで10分かかっていないはず。

これ以降の設定については、一気に全て前の状態に近づけるのは時間の関係上難しいので、ひとまず「
最低限これがないと作業ができない」というものとして、DropBox、Evernote、ATOK、Google Chrome、Microsoft Office等のインストールやプリンターの設定等を行いました。

Retinaディスプレイについて
さてこのモデルはいわゆる「Retinaディスプレイ」がウリなので、それについて素人目で見た印象を。専門的なことはよくわかりませんが、ぱっと見の印象では従来のモデルとはやはり違いがわかり、すごく綺麗です。例えば、ブログなども文字がこれまでよりクリアに映ります。
 





ただ、当たり前ですが、写真などは元の写真の出来映えに依存する訳ですが。


(↑ 昔の富士フイルムのCMかw)

総括としては、腰が抜けるほど美しいとまではいかないものの、従来のものとは明らかな違いが感じられる程度には綺麗かと思います。

その他の特徴としては、従来のモデルからのスリム化と軽量化。こちら「わずか1.9cmという薄さ。わずか1.62kgという軽さ。13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルは、一世代前の13インチモデルより20パーセント薄く、440g軽くなりました」とある通り、これも一目で実感できます。言うなれば、ダイエット前と後のkosu0621くらいの変化かと(←違うw)。実用面で言えば、Retinaディスプレイより、むしろこちらのスリム化及び軽量化の方が大きいかもしれません。

とまあ、2日に渡って書いてきましたが、NUS MBAも本当に終盤戦にさしかかる中でこれまでのMacBook Proが壊れ、新しいRetinaディスプレイモデルを購入したという話でした。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

諸事情でMacBook Pro(13インチRetinaモデル)に買い換えた



じゃーん、新しいMacBook Pro(13インチのRetinaディスプレイモデル)を買いました。

いや、正確に言うと買い換えざるを得なかったのです。。。

ことの経緯
シンガポール在住の方は「ああ〜、そうそう」とお思いかもしれませんが、昨日(18日(日))の午後3時30分から4時にかけてピンポイントで、「バケツをひっくり返したような雨」という表現がピッタリの大雨に見舞われました。

一方kosu0621もその時間だけピンポイントで外を移動中でした with リュックにこれまで使ってきたMacBook Proを入れて。もちろん折りたたみ傘は持っていて差しましたが、あの時間帯だけは本当に雨が激しく、「傘も雨から顔とかを防ぐのが精一杯で、足下含め結構濡れるなあ」と思いつつ、ちょっとアポがあったので、大雨の中、最寄り駅駅からてくてく10分以上歩いていたのでした。

で、アポが終わって家に戻ったらリュックの中も結構水に濡れていて、MacBook Proのハードディスクにも浸水したようで、かなりあっけなく壊れてしまいました(涙)。

BEST Denkiに買いに行く
時間に余裕があれば、「ちょっと様子を見る」「修理できないか聞いてみる」とかもあるのですが、いかんせん翌日(すなわちブログの記事がアップされる今日19日)含めグループのプレゼンが複数あるので、悠長なことは言ってられない訳です。

そこで昨日の夜、大急ぎでBEST Denkiまで行ってきて、新しいMacBook Pro(13インチのRetinaディスプレイモデル)と(一部ソフトのインストールの関係から)外付けのCD/DVDドライブを購入した訳です。





このブログを書いていることからもおわかりの通り、既に新しいMacBook Proの方を使い始めている訳ですが、よくある「開封の儀」みたいなものは明日の記事で。とりあえず、キーボードが日本語キーボードから英語キーボードになって配列が変わり、ちょっと慣れるのに時間がかかりそうです。

それにしても、自分の不注意とはいえ、カメラといい(→関連記事)、プリンターといい(→関連記事)、「このタイミングで壊れるか!?」というのが続いて、一度お祓いしてもらいたい気分です。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

シンガポールの祝日と日本の祝日

本日11月13日は、「ディーパバリ(Deepavali)」と呼ばれるシンガポールの祝日です。「悪=暗黒」に対する「善=光」の勝利を祝うヒンズー教最大の祭日で、インドの新年のお祭りにあたるそうです。 また、この時期のリトルインディア近辺は美しくライトアップされ、ストリート・カーニバルを見ることができるそうです。







ところでシンガポールに住んで1年以上経過する訳ですが、日本に比べて祝日が少ないなと感覚的に思っていました。そこで、ディーパバリを記念して(?)、実際にシンガポールの祝日がどれくらいあるかカウントしてみました。2012年に関しては、こんな感じ(→ソース)。



一方、日本はどうかというと、同じく2012年を対象にするとこんな感じ(→ソース)。



日本の15日に対してシンガポールは11日ですので、やはりシンガポールの祝日は少ないなという印象です。もっとも、前職時代約7ヶ月間アメリカにいた時も「アメリカの祝日少なくね!?」と思っていたので、世界的に見れば日本の祝日が比較的多いのかもしれません。

さらに日本、シンガポールとも年によって祝日の日付が変わるものが結構ありますが、シンガポールの場合主に旧暦からその年の祝日が決まるパターンが多いのに対して、日本の場合「×月の第△月曜日」という感じで三連休になるようなものが多く(例:成人の日、海の日、敬老の日、体育の日)、国民に優しい(?)祝日体系だと言えそうです。

もちろん、サービス業等業種によっては祝日関係なく出勤日が決まってくるケースも多々あるでしょうし、別途(長期)休暇が取りやすいか否かという点も考慮する必要があるので、一概にどちらがどうと決めつけるのは難しいでしょうが。

特にこれといってオチはありませんが、シンガポールの祝日と日本の祝日の考察でした。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

シンガポールでのマイベスト・ミルク〜Knundsenの「HALF & HALF」

シンガポールに来て初めてスーパーを見た時に驚いたのが、牛乳の種類の多さ。例えば、近所にあるごくごく普通のチェーン展開しているスーパーではこんな感じの品揃えです。









そんんこともあり、これまで結構色々な種類の牛乳を試してきました。で、最近になってようやく「マイベスト・ミルク」を探し当てた気がします。それがこちらの「Knundsen」というブランドの「HALF & HALF」。







さっぱりした後味とほのかな甘みのバランスが絶妙で、初めて口にした時にはかなり衝撃的でした。元々の生産者は、「Heartland Farms」というアメリカの農場で、
記載してある説明を見ると、「Grade A」「Ultra-pasteurized」「Homogenized」「The very best」「Gold star quality」といった文言が並びます。「HALF & HALF」の詳しいデータはこちら参照。

唯一の難点は、牛乳にしてはかなり高めなこと。シンガポールですと、大体1Lパックで200円くらいで買えますが、こちらの製品は、およそ7〜800円。正直、kosu0621も最初その価格を見た時には、思わず「鼻から牛乳」な感じで驚きました(←バカスw)。

ただ、今現在ダイエット中で、普段は食事に対してお金をあまりかけていなく、「せめて牛乳くらいは好きなものを買おう」と思い、毎回ではないにせよ、最近はこれをちょくちょく買っています。

シンガポール在住の方の中で、興味持った方は試してみてはいかがでしょうか? このミルクを飲んでみるく?(←アフォw)

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。