スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学生活時におけるMacユーザーの一応の留意点



これまでまあまあ結構な数のNUSを志望するアプリカントから問い合わせを受けてきて、「NUSの特徴はどういうところですか!?」とか「入学の前後で印象は変わりましたか!?」とか「シンガポールいかがですか!?」辺りがよくある質問ですが、たまにあるのが「留学生活にMacを使うことで問題はありませんか!?」という質問。

一応自分としては「細かい部分で気になるところはあるけど、総じて問題ありませんよ」とお答えしていますが、これまでにも複数回聞かれている質問ですので、その「細かい部分で気になるところ」についてブログでも残しておきます。

Mac版のExcelに未搭載の機能が必要になったことが
Mac版のExcelとWindows版のExcelを比較した場合、一部アドイン機能等でMac版のExcelには搭載されていない機能があったりします。かなりマニアックな機能なので、通常は問題ないのですが、統計かファイナンスの授業で1度だけそれが必要になる場面がありました。が、いかんせん1年以上前の話なので、具体的にどういった機能だったか覚えておらず(←オイw)。自分はWindows版もインストールしているので、その時だけWindows版で作業しましたが、他のMacユーザーの生徒は、ネットで入手したフリーソフトで対応可能だったと言っていました。もちろん、そのフリーソフトがどういったものかは全く記憶にありませんがw。

パワポのレイアウトは、ちょっと崩れることも
通常プレゼンは、教室に備え付けのパソコン(Windows機)を通じて行いますが、Mac版のパワポで作成したファイルをWindows版で開くと、少しレイアウトが崩れることがたまにあったりします。

本当はこういう感じが


実際はこんな感じに


ビジネス・コンペティションみたいなイベントであればWindows機でのリハーサルも必要ですが、通常のクラス内の発表であれば、「てへぺろ☆(・ω<)」な感じで笑ってごまかします。

可能なら英語版のOfficeがベター
これは「Mac vs. Windows」とは違う話なんですが、Microsoft Office、特にパワポについては可能なら英語版の方がベターと思います。というのも、日本語版で作成したパワポのファイルを英語版で開いた時に、アニメーションの編集画面などは日本語表記のままで、他の外国人は編集できないという事態に陥るためです(→これはスライドマスターについても同様なことが)。



もちろんグループワークでも分業制にしていればあまり関係ない話かもしれませんが、他の生徒が誤っていじってしまい「ワケワカメ」な感じになったこともあったので(→その時は本番前に気づき、直前で修正)、そうしたリスクを避けるためにも英語版の方が無難かなと思う次第です。

まとめ
という訳で、「留学生活時におけるMacユーザーの留意点」でした。冒頭でも書きましたが、Macを使用することについては概ね問題ないのですが、一応細かい部分でこうしたことに留意が必要かなと思います。

特に最後の三点目に挙げた英語版の話との関連で言えば、「留学を機にノートパソコンを新調しよう」とお考えの場合には、日本で買わずに留学先で購入するのも一考かもしれません。以前記事にしましたが、英語キーボードも問題ありませんし(←関連記事:その1その2)、何より学生として学割で購入できるメリットもあろうかと思います。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
スポンサーサイト

「Family Business」の教授及び日本人交換留学生とランチ

この前の月曜日は、「Family Business」でお世話になった教授とそのクラスに出席していた日本人交換留学生のAさん、Iさんの4名でランチしました。ちなみに、教授は20年以上日本に住んでいたこともあり日本語もペラペラですので、(授業内ではけじめとして(?)直接お話しする時も英語でしたが)今回は会話も「日本語6割、英語4割」みたいな感じでした。

ランチしたのは、NUSのキャンパス内にある「NUSS」という卒業生向けの施設。

建物左側


建物右側


建物の中


本当は「The Scholar(秀才)」という中華レストランにしようとしたけど、


日本人交換留学生2人が着用していた膝丈のパンツがダメと言われ、「Cafe on the Ridge」というカジュアルなローカルフードのお店に。


kosu0621以外の3人は揃ってチキンライスを注文しましたが、ダイエット最終局面を迎えたkosu0621としてはカロリーや脂肪分が比較的少なさそうなビーフンをチョイス。

ビーフン


マンゴージュース


チキンライスその1


チキンライスその2


チキンライスその3


お約束


思えば、ここでも書いた通り、この教授の授業を取るのは2回目で(→1度目:Corporate Governance)、こうして教授と外で食事するのは2回目です(→参考記事)。NUS MBAでの教授と学生との関係は授業の中で完結することが多い中で、こうして授業外でも気軽にお付き合いできる教授に巡り会えたのは、非常に喜ばしいことです。

また、日本人交換留学生のAさんとIさんについても、授業中での積極的な発言など色々見習うところが多かったと思います。

いずれにしましても、皆さんKeep in touchで。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

NUS MBAの全ての授業が終了



そう言えば、この前の金曜の「Advanced Corporate Finance」の授業をもって、NUS MBAの全ての授業が終了となりました。まだ、今のSemesterの成績が発表になっていないので、卒業確定ではありませんが、さすがに「D(不可)」とかはほぼないと言えるので、実質NUS MBA終了と言っても差し支えないかと思います。

さて、kosu0621のこの後の進路ですが、(シンガポールに残るか日本に戻るか含めて)まだ決まっておらず、既にほんの少しだけ動いているものの、これから本格的な就職活動がスタートです。ただ、これはkosu0621が例外ではなく、周りの同級生を見ても、この時点で就職先を決めている人もいるにはいるけどそれほど多くなく(→主にインド人かな)、最後のSemesterで交換留学に行った人は言わずもがなですが、NUSに残った人でも現時点で進路未定という人の方が多いと思います。

これについては、①NUSの卒業式及び正式なMBAのCertificateの授与が来年7月なので、そこまでに決まればいいと考えている人も少なくない、②シンガポールのジョブマーケットとしては、11月、12月辺りが年間で一番求人件数が少なく、旧正月明けの2月以降に増加傾向にあること、③単にズボラ(←お前モナ〜w)、といった辺りが理由として考えられます。

そうしたこともあり、戦略的に授業終了をもう1Semester遅らせてじっくり就職活動に取り組むクラスメートも何人かいますし、シンガポールの場合、留学生は就職活動用に1年間ビザの延長ができたりもしますので(→参考)、もしかしたら他のスクールに比べてゆっくりしているのかもしれません。

ちなみに、最後の授業ですが、何か感慨深いものがあったかというと特段なく、そもそも最後の授業のタイミングも、来年も引き続きクラスがあるパートタイマーも含め人により異なるので、結構あっさりしたものでした(→もちろん、同じくその日で終了の何人かフルタイムのクラスメートとは、「お疲れ〜、これからもKeep in touchでね!」といった感じで挨拶を交わしましたが)。

kosu0621自身も仲のよかったクラスメートの大半が最後のSemesterでは交換留学に行ってしまったので、彼(女)らが交換留学に行く前は色々送別のランチやディナーをやったりしましたが(←関連記事:その1その2その3その4)、今回は「まあ〜、終了ということで」くらいな感じで淡々としたものでもオッケーかなと思っています。それより現実問題として、この後どうするかを真剣に考える必要がありますし。

という訳で、約1年半に及んだNUS MBAの授業はこれにて終了です。「そうするとブログのタイトルおかしくね!?」という意見もあろうかと思いますが、今後のブログのタイトル及び方針についてはおいおいと(←オイオイw)。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

NUS MBAでの最後のプレゼン



昨日は、Family Businessの授業でグループプロジェクトの発表がありました。これでNUS MBAで行うプレゼンとしては最後になります。

以前のタームで履修した同じ教授の「Corpoate Governance」の授業では、クラス内の投票で一番になったので(←関連記事)、今回も内心では少しは期待して準備して臨みましたが、惜しくも二番でした。

元々のグループは3人でしたが、1人中国から交換留学生が自国のスクールの関係で一足先に帰国したので、もう1人日本からの交換留学生と共に2人で約30分程度のプレゼンを行いました。結果は二番でしたが、以前記事にした通り元々のコンテンツ(ストーリー)の面白さと相まって、教授や周りの反応も含めて、まあまあ満足度の高いプレゼンだったのかなあと思います。

前述の通り、2人で約30分程度のプレゼンですので、スライドもかなりゴーイングマイウェイな感じで作ることができて、楽しかったです。ともすれば「活字がやたら多いパワポ」も見受けられることが少なくないMBAのプレゼンにおいて、なるべくビジュアル面で興味を引こうと考えていました。例えば、こんな感じで。













前職でもパワポは使うことはありましたが、職業柄わりかし堅めな感じはのものが多かったのに対して、MBAを通じてそれなりに「魅せる」スライドの作成技術は上がったのかなと思います。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

「A Day Made of Glass」〜特殊ガラスの技術を用いた未来の1日

今履修している「Product & Brand Management」という授業で興味深いビデオを観たのでシェア。

その日の授業のテーマはSNSを使った企業のブランディング活動ということで、TwitterとかFacebookなどのお馴染みのツールに加えて、企業がYouTubeを通じてブランド構築を図る事例がいくつか紹介されました。

そんな中アメリカ・ニューヨークに本社がある「Corning」という世界最大級のガラス製品メーカーがあり、ここが作成したビデオが中々素敵な感じです。「A Day Made of Glass... Made possible by Corning」というタイトルで、「特殊ガラスの技術を用いた未来の1日はこんな感じになりますよ〜」というビデオです。



ちょうど今『MAKERS』(クリス・アンダーソン著)を読んでいるところですが、自分が子供の頃には想像していなかったことがインターネット等を通じて実現できるようになってきていることを考えると、上記のビデオを観てもちょっとまだ現実感はないような気がするものの、同じようにきっとそう遠くない将来に実現するんだろうなと思う訳です。

昨日の記事に引き続き、特にこれといってオチはありませんが、「Corning」という会社の特殊ガラスの技術を用いた未来の1日のビデオでした。「kosu0621の元にも近い将来素敵な彼女がCorning!?」とかくだらない締めの言葉が浮かびましたが、止めておきますw。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。