スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IELTS第4回目(スピーキングだけ)

一週間前の記事でチラッと触れた通り、今週末も「保険の保険」で申し込んでいたIELTSがありました。来るべき(?)インタビュー対策の一環でスピーキングだけ受けてきました。

で、出来映えなんですが、「う~む、何だかねえ」という感じ。

試験官のお人柄は、これまでの中で最も「ええ人」という感じでしたが、全体的にうまく回答できなかった感じ。「その程度の実力」と言われればそれまでですが、今朝起きたら「鼻水グジュグジュ」で体調がイマイチだったこともあり、どうも気持ちの上でも盛り上がりに欠けたまま惰性で受験したことも否めず。インタビュー対策としては、別途考える必要がありそうです。

まあ、リラックマも「過去は終わったこと 未来は始まること」と言っていたので、次に目を向けたいと思います。

あっさりしていますが、今日は下記の「編集後記」の方がボリューム満点なので、IELTSの話はここまで。

【編集後記】
ちょうどスピーキング・テストの帰り道の途中ということで、先日記事にした伊勢丹写真室で撮影した証明写真を受け取ってきました。撮影直後の映像では「う~む、何だかねえ」という感じでしたが(←今日二回目w)、トリミングして出来上がった写真を見て「おお~、伊勢丹マジック炸裂」という感じでビックリです。

もちろん「全くの別人」というほどの変化はないものの、写真だけ見ると「結構仕事できそうじゃねえ!?」という印象を与えるくらいの出来に仕上がってくれています。自分の写真なんだけど自分じゃないみたいな。思わず、「これもある意味『オレオレ詐欺』だよね~」と思いましたよ(←使い方違うw)。

それと、その足で伊勢丹本館の催し物会場で開かれている「春の大北海道展」に足を運びました。kosu0621は以前仕事の関係で札幌に定期的に行っていた関係もあり、馴染みがある場所です。北海道のお土産と言えば、石屋製菓の「白い恋人」ROYCEの「チョコレート」六花亭の「マルセイバターサンド」辺りが有名と思いますが、個人的に好きなのが、LeTAOの「ドゥーブルフロマージュ」というチーズケーキ。初めて食べて以来ずっとはまっていますが、今回も買って帰りました。

110220 
(↑ 関係ないものまで写っているw)

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーサイト

IELTSのスコアレポートを出願校に送付した

カレンダーから逆算して、2月末出願のSMUについては実質今週中に作業の大半を完了させる必要があり、今週はエッセイを含む出願書類の完成と平行して各種サポート書類の準備がメインの作業となる訳です。

で、そうしたサポート書類の準備の第一弾として、IELTSのスコアレポートを出願校へ送付しました。日本の場合、「英検」がIELTSの運営団体となっており、出願校へのスコアレポートの提出も英検の所定のサイトから行う訳です。なお、出願校へのスコアレポートの提出は試験結果公表後から30日以内であれば無料ということで、今月末出願のSMUだけでなく、来月末出願のNUS及びNTUにもこのタイミングで送付しました。

画面のイメージとしては、こんな感じ(→それぞれクリックすると「ちょびっと」拡大)。

110214-1 
(↑ 総括の画面)

110214-2 
(↑ 明細)

なお、予め英検のIELTS担当者に問い合わせたところ、発送手続としては概ね「3営業日」かかり、郵送方法として「oridinary mail(普通郵便)」(→通常の航空便)を選択すればそこからさらに3日、「registered mail(書留郵便)」(→いわゆるEMS)を選択すればおこからさらに2日かかるとのことです。別途料金かかりますが、ここは万が一を考えEMSを選択しましたので、恐らく今週末か来週早々には各校に届くものと思います。

作業としては、「単なる事務作業」以外の何者ではなありませんが、こうして出願校に対して書類を送る手配をすることにより、「おお~、いよいよ出願なんだね」と多少感慨にふけるところです。今週は、こんな感じで各種出願書類(主にサポート書類)の準備に関する記事が中心になるかと思われ、「ジミ~」な記事が続きますが、その当たりはご容赦を。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スピーキングだけ受けてきた

という訳で、昨日記事にした通り、昨日今日とIELTS第3回目がありましたが、MBA出願プロセス全体を考慮した結果、IELTSについては「泣く泣く」「断腸の思い」で回避する決断をしました(←大げさw)。ただ、今日のスピーキングだけは、「きっと今後のインタビュー対策にいくばくか貢献するだろう」ということで受けてきました。

110213 

過去2回の反省から、今日は以下のポイントのみ気を付けました。
  • 質問に対して直接的に答える
  • 余計な周辺情報はペラペラ喋らない
  • 早く喋り過ぎず、落ち着いて話す

これだけ見ると小学校低学年の生徒に対する注意みたいですねw。それはさてき、点数そのものは目的ではなく、この先のインタビューを見据えての「実践トレーニング」ですので、事前の対策は一切やらず文字通り「出たとこ勝負」に臨みました。

今回ちょっと運営及び試験官側の不手際があって、自分一人だけ所定の時間から15分以上待たされる羽目になり、それに対して悪びれる様子もなかったので、結構「イラッ」とした状態のまま受ける格好となりましたが、「まあ、これも経験でしょう」と気持ちを切り替え受けました。

試験の出来としては、1回目の時の「花」のような突飛なトピックもなく、2回目の時のように急に眠気が襲ってくるようなこともなく、良くも悪くも「こんなもんかな」という感じです。点数の付け方がノーマルであれば、今回の点数が今の自分の実力かなというところです。

この先のインタビューを考えれば、もっと抑揚をつけてゆっくり目に喋れるようにしたいですね。今の自分の状況としは、英語を話す機会は、週1ペースの英会話学校とアゴスのエッセイカウンセリングくらいですが、「初対面の外人と英語を話す」機会が得られるという点ではやはり貴重かなと。来週も「保険の保険」ということで申し込んでしまっているので、スピーキングだけは受けに行こうかと考えています。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

熟慮の末

という訳で、昨日記事にした通り、今日はIELTSの第3回目の試験日でした。結論から言うと、熟慮の末「回避」することにしました。

110212 

まあ、確かに「たかだか3~4時間の試験くらい」ということで受けに行っても大したロスにはならないと思いますが、やはり今の準備状況を考えた場合Overallが7.5に上がる可能性は、「将来SQのフライトアテンダントの彼女ができる」くらいの可能性だろうと判断し、IELTSに関しては前回の7.0で「手打ち」とすることとしました。

また、今月末出願予定のSMUについて、今後やるべき作業を逆算したら、「もう意外に時間が残っていないよね」ということもこうした判断を下した要因の一つです。

SMUの場合、サポート・ドキュメントの提出が今主流の(?)「スキャンデータをオンライン上にアップデート」ではなく、昔ながらの(?)「郵送」なんですが、そうしたサポート・ドキュメントの一つに「受験料の支払いの証憑」が要求されています。で、この「受験料の支払い」を行うには、その前にオンライン上での「(エッセイを含む)アプリケーション・フォームの提出」を完了させていることが必要のようで、郵送するサポート・ドキュメントが今月中に確実に学校側の手許に届くようにするには、再来週(21日~の週)早々には出願書類の提出をする必要があるなと。そうすると、結局のところ、来週(14日~の週)中にはエッセイも含めて出願書類をあらかた完成させると共にサポート・ドキュメントも一通り取り揃える必要があるんですよね。

と、こうしてやるべき作業を逆算していくと、「ここはエッセイを含めた出願書類の完成に時間を注ぐべき」という結論に至る訳です。という訳で、GMATも含めて、テスト関連は「IELTS7.0、GMAT650」で出願ということにし、残りの期間は「エッセイを含めた出願書類の作成」に専念したいと思います。

本音を言えば、「IELTS7.5、GMAT700」にまで引き上げられれば最高なのですが、「テストの点数も含めた出願書類のトータル・パッケージの完成」を重視すれば、ここはやはり「テスト関連は終わらせ、出願書類に注力」というのが「現時点における最良の選択肢」かなあと。「塗り絵」で言えば、一部だけ一所懸命塗るのではなく、個々には不完全でもまずは全体を仕上げることが最優先かなと思うところ。その上で、余力があれば特に強調したい部分の完成度を上げていくことがいいのかなと思っています。そういう意味では、3月末出願のNUS、NTUについてもエッセイ等の出願書類をどんどん前倒しで完成させ、最後3月下旬に一週間くらい集中して準備した上でもう一度GMATを受けて「どうだ~、バーン!」という点数を叩き出すよう進めていくことも、「妄想レベル」では悪くないかなと考えています(と言ってみるテストw)。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

明日、明後日はIELTS第3回目なんだけど

今週末は、「一応保険で」申し込んでいたIELTS第3回目の試験があります。前回の2回目で無事「Overall7.0」が取れて、kosu0621の出願予定のシンガポールの大学院には「十分」なので、基本的にはこれ以上受ける必要はないと言えます。一方で、前回の結果が判明した時点で既に今週末の試験のキャンセルがきかない状態でして(→「5週間前申込締切」は早すぎ(泣))、「はてさて、どうするべ1?」と思いを巡らせるところです。

110211 

当初から「IELTSは点数さえクリアすれば即撤退」と思いつつ、「前回の試験からIELTSは『ノー勉♡』で、点数の更新は無理だろうけど、せっかくなので受けるだけ受けておこうかな」という思いも少しはありました。特に過去2回翻弄されたスピーキングについては、「さあ、次こそはどうよ!?」とリベンジしたい気持ちもありますしね。

ただ、アゴスのカウンセラーに前回の点数を報告し、既に申し込み済みの試験についてアドバイスを求めたところ、「英語のテストについては基準点を超えてさえいればよく、仮に7.0から7.5に上がってももやは出願上はほとんど影響ありません。それよりもエッセイを含めた出願書類の完成に時間を割くべきです」という悪魔の囁き(?)を受けてからは、「ヘナヘナヘナ~」と一気に力が抜けました。

さらに追い打ちをかけたのが、今日全国的に降った雪。kosu0621の住む東京でも結構降っていますし、なんか明日未明まで降り続きそうな勢いなので、「これはおとなしくコタツで丸くなるべきか」という気持ちに傾いています(←猫かw)。ちなみに明日の受験会場は最寄り駅から徒歩10分でして、ビミョ~に歩く感じなところも、「明日の朝も雪なら萎えるよね」と思う原因になっています。

一応、今晩のうちに鞄に必要なものは入れておいて行ける準備だけはしますが、明日の朝どうするか決めようと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。