スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GMATにMathについて一言もの申す

昨日の記事でチラッと書いた通り、先週土曜はNUS MBAのフェアにお手伝いに行った後、現地在住の日本人NUSアプリカントのSさんとお茶しました。

Sさんは現在GMATに苦戦していて、特にMath(数学)が直近の試験で点数が下がったこともあり、自分なりに僭越ながら、「塾生注目!」「なんだ!?」な感じでアドバイスなんかさせて頂いたりした訳です(→例「別に満点狙いでないのであれば、手を広げずに、手持ちのOfficial Guideやマスアカを繰り返して、完璧に仕上げた方がいいよ~」とか)。

数学に関してはkosu0621は私大文系でしたが、何気にどうしうてこう見えて
そう言えば学生時代から得意科目で(→特に国公立の二次とかの出願ではなく、本番の試験慣れ目的で受検したセンター試験は数学Ⅰ、Ⅱを受けて両方満点だった記憶が)、むしろ英語(→当時は海外に出るなんて夢にも思わず)や国語(→ブログを見てお分かりの通り、言語能力やばすw)なんかより余程出来たものでした。


(↑
 不正解w)

で、自分の中で学生時代からベースになった考え方があって、それは和田秀樹氏『受検は要領』などで提唱している「数学は暗記だ」という考え方(→参照関連書籍)。

要は「必要な解法パターンを理解・暗記し、既知の解法を組み合わせることによって問題を解いていく」というアプローチなんですが、その道に進むのでなければ、この方法が一番効率的なような気がします。「暗記」という字面だけ見ると誤解が生じるかもしませんが、解法を理解して覚える「理解型暗記」なので、年号や英単語に比べれば記憶に残りやすいと思います。あとは、練習問題を通じて同じような問題パターンなら条件反射的に解けるようになるまで、プラクティスを繰り返していけばオッケーかなと思います。

ちなみに、こうした受検勉強法では『ドラゴン桜』が有名かと思いますが、kosu0621は原作やドラマを見ていないものの、こちらのネット記事の真ん中を見る限り、どうも言っていることは同じなのかなと思います。

また、そういう意味では、英会話なんかも定型的な表現
をストックしていって(例:"Could you ~?"とか"I'm going to ~"とか"I want you♡"とか ← 最後違うw、それを実践で使っていくうちに自分のものにする過程と通じるものがあるかもしれません。もっとも、こちらはkosu0621は道半ばですが

なにはともわれ、Sさん引き続きGMAT頑張って下さいね~。同じ大学同じ学部出身なので、応援していますよ~。既にオサーンなkosu0621と違って、「若き血」が流れているSさんなら記憶の定着もいいと思いますので。NUSに受かったら、一緒にカラオケで「都の西北」を歌いましょう!(←ライバル校w)

↓ 「とある方」も見てるかな!?
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
スポンサーサイト

GMATのスコア・レポートを出願校に送付した

昨日の「IELTSのスコア・レポートを出願校に送付した」という記事に続いて、「GMATのスコア・レポートを出願校に送付した」という記事です。

GMATについては、試験の申込時にスコアレポートの送付校を指定すれば無料で送ってくれるのですが、当時は「いくらなんでも、この回が最終スコアにはならないでしょう」とタカをくくっていたこともあり、kosu0621の場合過去2回の試験とも指定しなかったので、追加料金を支払っての送付手続となります(泣)。

それはさておき、GMATのスコアレポートの送付手続もIELTSと同じように、所定のサイトからオンライン上で行います。操作完了後の画面がこんな感じ。

110215-1 
(↑ クリックすると「ちょびっと」拡大)

IELTSと違うのは、IELTSの場合「紙」の成績表が出願校に送付されるのに対して、GMATの場合「データ」(正確にはデータが表示されるURLのリンク)が出願校に送られるとのこと。

という訳で、IELTSと共にこれにてテスト関連の書類の送付は終了です。なお、NUSやNTUなどではそうするようrecommendされていたのですが、テスト団体から出願校へスコアレポートを送付する一方、手許のスコアレポートをスキャンしてPDF化し、各校のオンラインの出願システムを通じてデータをアップロードすることにより、テスト団体からのレポートが届いていない場合など「万が一」のケースにも備えているところです。

明日以降も、こんな感じで「ジミ~」な記事が続きます。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

今更ながらGMAT2回目の最終結果

「今更タロー」(←「ジロー」w)ですが、1月12日(水)に受験したGMAT2回目(→そん時の記事)のエッセイも含めた最終結果が出ております。本当は大分前に判明していたのですが、その後に続いた「IELTS二連荘」などもあり記事にするタイミング逸していました。

エッセイ以外の点数はその場で確認できるので当日の記事に書いた通りですが、一応正式な最終結果としては、こんな感じ。

110127  
(↑クリックすると「ちょびっと」拡大)

エッセイも結局は1回目同様「4.0」で、全体の感想は「なんだかなぁ」という感じ(←阿藤海っぽくw)。1回目に比べたら、VerbalのManhattanシリーズを読んだ分「GMAT特有のルール」の理解は確実に進んだにも関わらず、直後に初受験のIELTSを控えていたこともあり、本番形式のトレーニング不足が祟って結果的に受験1回目より下がっているのは、ひとえにスケジューリングに問題がありましたね。。。真面目な話、GMATでは「GMAT特有の考え方」の理解も重要ですが、本番直前で本番を想定したトレーニングを怠ると「得点力」がストーンと落ちますね。

個人的には、シンガポールの大学院3校のおよその入学者平均の670点を目標の目安にしていたのですが、アゴスのカウンセラーからは1回目の650点の時点で「(日本人の場合)安全圏ですので、GMATは手打ちにしましょう」と悪魔の囁き(?)があって以来やや気が抜けた部分もありますし、実際「日本人アプリカントは600点でOK説」は本当っぽいので、MBA受験プロセス全体を考えた場合には、GMATは「お開き」にして、エッセイを中心とした出願書類を完成させてさっさと出願を済ませちゃった方が「お利口」なのかなと思い始めているところ。特にこうした考えは、エッセイを書き出した先週から強くなっているような。それに、ここまで来てイマサラですが、やっぱGMATの独学ってのはシンドイよねと思うのも確かですし(→てか、Mathは絶対オフィシャルガイドと本番の難易度違いすぎ)。

ただ、その一方で、「直前の準備を怠らなければ、次はもっといけると思うのだけれど」という未練もある訳でして。確かに点数的には今の点数でもOKかもしれないけど、「いやいや、もうちょいイケルっしょ」と思うのも確か。て言うか、独学でアルク本とオフィシャルガイド(総合版)一回転のみで挑んだ受験1回目の点数が出願の申告点数になるのは、「せかっくシンガポールで購入した『Manhattan』は『何やったん』」と言いたくなるような(←アホw)。

一応受験機会としては2月、3月ともう2回残っている訳ですが、「はてさて、どうしよう?」と思いを巡らせているところです。ただ、もし万が一再度受験する場合には、今度はピーキングの面で気を付けたいと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

GMAT2回目本試験を受けてきた

と言う訳で、GMAT本試験2回目を受験してきました。昨日の記事で書いた通り、直前解いたPREPがかなり低い点が出て不安を抱えたままの受験となりましたが、結果はエッセイを除く結果はこんな感じです(テヘ)。

110112 

うむ~、PREPよりは点数は改善したもののやはり不安的中ですね。前回よりVerbalが1点上がり、他方でMath(Quantitative)が1点下がり、最終的な合計の評価は10点のマイナス。言ってみれば、「3歩進んで3歩下がったと思ったら、実は4歩下がっている」みたいな(←違うw)。

原因ははっきりしていて、Manhattanシリーズで「GMAT特有のルール」についての理解は進んだものの、本番環境を想定した訓練を疎かにしたことですね。TOEFLの時も感じたのですが、紙の問題集で解く時と本試験のようにPCで問題に相対するのでは、かなり英文の理解や感覚のズレが生じるのですが(→個人的には戦闘力が2割くらい落ちる気が)、その差分を埋める対策が不十分でした。もう一つ理由を挙げると、昨年プロ野球で日本一になった千葉ロッテマリーンズにあやかろうとロッテのチョコトレーを買うつもりでしたが、朝コンビニで急いで買ったチョコレートをよく見たら「明治」のチョコレートだったことも既にツキにも見放されたようなものだったかと(←違うw)。

まあ言い訳になりますが、今月は今週末初受験のIELTSの方のプライオリティが圧倒的に高い中、GMATに投下できる時間が限られていたという状況ではある訳でして。。もっとも、これでIELTSがよくなかったら、今度は「いや~、直前のGMATに時間取られてさあ」と更なる言い訳を口にするかもしれませんが(←オイw)。

加えて、中二日で異なる試験に臨むというのは精神衛生上もよくないですね。GMATとIELTSがごっちゃになって、「えっと~、今度の試験はどっちだっけ?確か『GMELTS』だよね」という感覚に陥りましたから(←アホw)。

一応3月末の出願までにあと2回リベンジの機会があるので、もし受験するなら今日の反省点を活かして次は修正していきたいと思います。ただし、他方でアゴスのカウンセラーからは、kosu0621の志望するシンガポールの大学院であれば初回の点数で全然問題ないということを言われているので、達成感がまるっきりないですが、「GMATについては、これにてお開き」という選択肢もある訳です(→と言うより、カウンセラーからはそのように勧められています)。

とりあえずGMAT継続の有無の判断は、日本の政治同様(?)「先送り」にして、まずは今週末のIELTS初受験に集中したいと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

GMAT2回目本試験前日

いよいよ明日はGMAT2回目です。パート別のオフィシャルガイドを終えて、この2日間は本番環境に備えるべく、「GMAT PREP」を2回トライしたのですが、思いもよらぬ事態が発生しました。

110111

ぬわんと、2回トライして2回とも1回目の本番の点数(650点)より下がっているんですよね。しかも、「誤差の範囲内」というレベルで済ませられる差異ではなく、結構開きが出ています(涙)。

ManhattanシリーズでVerbalについては確実に知識は増えているのですが、ここに来てPCを使った本番環境下での時間配分(→スピードと確実性のバランス)に問題が生じていることが判明。。。要は、本番環境を想定したトレーニングを怠ったツケが顕在化した形ですね。正直、ここからの逆転は、プロ野球で言えば昨年の千葉ロッテマリーンズのくらいの確率かなと。

いや~、参った参った。ひとまず明日は時間配分にだけ焦点を絞ることにします。あと、お守り兼試験会場での栄養補給として、「キットカット」に代えてロッテのチョコレートを持っていこうかと。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。