スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ワーク・シフト』(リンダ・グラットン著)を読んでみた



以前からネット上でもよく目にしていた『ワーク・シフト』(リンダ・グラットン著)を読みました。著者のリンダ・グラットン氏はロンドン・ビジネススクール教授で、英タイムズ紙の「世界のトップ15ビジネス思想家」に入る経営組織論の世界的な権威の方です(→参考)。

なんか勢いだけで買った感じで、本は厚いは、最初のプロローグや序章はあまり惹かれずな感じで、「こりゃ失敗したか!?」と一瞬思いましたが、第1章以降は大変面白く、全部で400ページ近いものの一気に読み進めることができました。

本書の内容は2025年の働き方の未来図を予想するもので、①テクノロジーの進化、②グローバル化の進展、③人口構成の変化と長寿化、④社会の変化、⑤エネルギー・環境問題の深刻化の5つの変化の要因のもと、未来を漫然と迎えるか主体的に築くかで、将来が暗くもなれば明るくもなると説いています。

そして、明るい将来を主体的に築くには、以下の3つの「働き方のシフト」が必要だ主張しています。
  • ゼネラリストから「連続スペシャリスト」へ
  • 孤独な競争から「協力して起こすイノベーション」へ
  • 大量消費から「情熱を傾けられる経験」へ

この本を読んで、ある意味かなり異端になってしまった自分のキャリアも(?)、「方向性としてはそんなに間違っていないかな!?」と認識するに至りました。すなわち、会計士としての監査法人勤めからMBAへというのは「連続スペシャリスト」としての道筋ですし(→本書で言う「移動と脱皮で専門分野を広げる」)、こうしてブログを続けているのも、第2のシフトである「協力して起こすイノベーション」を起こすための人的ネットワーク構築のプラットフォームの一助になればという思いもありますし、第3のシフトである「情熱を傾けられる経験」については、まさにMBA後のキャリアとしてお金ではなくそうした観点から仕事を見つけていきたいと考えているところです。

また、本書を読んで「今の世の中でこの考えに近いライフスタイルを実践している人は誰だろう?」と考えた時にに浮かんだ1人が、本田直之氏です。シティバンクなどの外資系企業を経て、アメリカでMBAを取り、その後経営参画した会社をJASDAQ上場に導いたあと、独立して日米のベンチャー企業への投資事業を行ったり、ビジネス書を多数出版するなどして、現在は東京とハワイに拠点を構えてデュアルライフを送る姿は、本書でいう3つの「働き方のシフト」を理想的な形で体現しているのかなと(→参考)。

程度の差こそあれ、恐らく多くの人が将来の働き方に何かしらの不安はあると思われます。そんな中で不安を解きほぐす一つの手段として、本書は有用かなと思いました。

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
スポンサーサイト

インドネシア人の友人に再会した

昨晩は、5年来親交のあるインドネシア人の知り合い及びその家族が日本に観光で来ているということで一緒に食事しました。

その知り合いとは、以前仕事の関係でアメリカに約半年間放り込まれた時に一緒に働いた元同僚でして、メールではたまにやり取りしていたものの、実際に会うのは約4年ぶりとなりました。

110617-1

110617-3

もちろん4年振りの再会なんでそれは楽しいひとときだった訳ですが、何がビックリって家族全員が英語をちゃんと英語を話すこと。

元同僚の英語が流暢であることは当然知っていましたし(→アメリカの大学を出ていますし、上記の半年間のプロジェクト以外にも海外勤務の経験アリ)、彼の奥さんが英語を話すことも十分に予想できたことでした(→いわゆるエリートの彼の奥さんであれば、きっと高い教育を受けていると推定)。が、10才の娘さんもちゃんと流暢に英語を話すことには、さすがにオドロキモモノキとなりました。

よくよく話を聞くと、まだ学校での英語の授業は始まる前ですが、英語と中国語のスクールに通わせ、家庭内の会話は基本はオール英語で行っているそうです(ヒエ~)。翻って最近のkosu0621はと言うと、出発に向けた準備の関係で英語に接する時間が激減しており、特にスピーキングに関してはただでさえ低いレベルがさらに下がっている自覚アリアリです。ぶっちゃけ、今のkosu0621と娘さんの英語のスピーキング力を比べた場合、「大人と子供」くらい差があるかもしれません(→この場合、向こうが「大人」で、こっちが「子供」。話の流れからわかると思いますがw)。

何はともわれ楽しい夜でした。地理的な面で言えば、シンガポールとインドネシアは近いので、今度はこちらからインドネシアに行きたいと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

確定申告に行ってきた

昨日までの「ダイエット・シリーズ」(?)の記事が続いた関係で記事にするのが遅れましたが、先週末は「確定申告」に行ってきました。

これまでは組織勤めで、確定申告が必要になる場面がなかったので、何気に確定申告初体験です。ちなみに、一応会計士ですが、ぶっちゃけ税務は大して詳しくありませんが、何か???

110302 

今の身分としては、「給与所得者」から形の上では「事業所得者(個人事業主)」となる訳で、「適当に経費突っ込んじゃう!?」なんてよこしまな考えもチラッと頭をよぎりましたが(←オイw)、今月はまだNUSとNTUの出願が残っていて、現在は両校のエッセイをギシギシ作成している最中ということもあり、「確定申告に余分な時間をかける余裕はないことは確定w」ということで、ごくごく普通に確定申告書のみを作成しました。

まあ、今回のメインテーマは、①昨年10月で退職したことによる所得税の調整、②昨年の左膝靱帯手術関連に伴う医療費控除、ということで、「果たしてこれらでいくら還付になる?」ということで申告書を作成しました。

で、計算した金額なんですが、「おお~パソコン1台買えるくらいの還付がありそうだね♡」という感じです。もっとも、MBA準備に費やした金額を考えれば、「そのうちごく一部を回収」という程度に過ぎないかもしれませんが(涙)。

で、申告書を完成させた後、所轄の税務署のサイトをチェックしたら、日曜も臨時で開いていたので、「一日でも早く払いすぎた税金を取り戻すぜ!」ということでそのまま提出してきました。

なお、今回申告書作成において参考にしたサイトは以下の通り。
  • 国税庁のサイト~このサイト上で申告書を作成したり、ガイダンスや記載例もあるので、まずは基本ということで
  • アンチョコ用サイト~特に「退職→確定申告」に絞って説明してくれているので、自分にはピッタリでした
  • 医療費控除関連~医療費控除の明細書は、ここのサイトのExcelを使わせて頂きました

今回初めての確定申告でしたが、結構勉強になりました。会計士なんかでも、監査法人勤務ですと、「法人税」や「消費税」は実務で触れるのですが、「所得税」は自身が確定申告する立場でないと、意外に「素人に毛が生えたレベル」というケースが少なくないと思うところ(←含むオレw)。

MBA準備が一段落したら、税務も幅広く勉強してみたい気がしてきました。やはり、税務の知識の有無で「脱...」ではなく「節税」出来る訳ですからね。これまでは「MBA×会計士」というかけ算でキャリアを考えてきましたが、今後は「MBA×『腹黒い』会計士」という風にキャリアを考えていきたいと思います(←オイw)。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

本田直之氏、湯本優氏、白戸太朗氏の「カラダマネジメント・セミナー」に行ってきたよん

昨日は、こちらの本田直之氏@naohawaii)、湯本優氏@yuyumoto1)、白戸太朗氏@maidotaro)の「カラダマネジメント・セミナー」に行ってきました。
(→「とある事情」でkosu0621にとってはある意味英語学習以上に「カラダマネジメント」のプライオリティが上がってきています。ブログ名を含めた目標設定に影響を及ぼす可能性もありますが、これについては、来週にもご報告を)

http://www.f-academy.jp/seminar/3746.html

3人の共通点はご自身で会社を経営されていると言うことのほか、トライアスロンをおやりになる点ですが、セミナーは、3人それぞれの講演(各50分)及び3人のトークセッション(50分)という構成で、休憩時間を含め4時間超の正に「トライアスロン」級のセミナーでした(→しかし、エントリーフィーは無料w)。

で、どうやってこれをブログにまとめようか考えたのですが、まともにやると4回くらいに分けて「アイアンマン・レース」的に記事にする必要があるのですがw、ここは絞ってセミナー中触れられていた「トライアスロンをやることのメリット」のうち、「これって英語学習にも当てはまるんじゃない!?」と思った点を3つほどご紹介。

1.タイムマネジメントや戦略的思考が身につく
トライアスロンの競技層は、主に30代、40代の「働き盛り」の世代が多く占めるそうですが、当然仕事との両立を考えた場合、否応なくタイムマネジメントを考えるようになるとのこと。さらに種目も「スイム、バイク、ラン」の3種目があるため、それをバランスよく伸ばすためには戦略的思考が必要になってくること。
これって、英語学習にも同じことが言え、「限られた時間の中で(英語で言えば)4技能をいかにバランスよく伸ばすか?」が究極的な命題になると思うので、トライアスロン競技者から色々学ぶ点やヒントがありそうですね。
特に時間管理の面に関しては、白戸さんなどは「要は、本気でやろうとしているかどうか」の問題とし、「お金が...」「時間が...」「体力が...」というのは、やらないことに対する自分への言い訳とのこと。反対に、続けるコツとしては、「何も考えず、葛藤する前に行動するようにする」とのこと。「やるかやらないか?」を考え出すと、「やらない理由」はいくらでも出てきてしまうので。単純ですが、効果ありそうです。

2.努力が結果に表れやすい
トライアスロンのような持久系の種目は、他の競技に比べセンスよりの占める割合が低く努力すればその分だけ帰ってくるそうです(→白戸さんは元々スキーのクロカン系種目の出身ですが、同じスキーでもアルペンなどはセンスがかなり占めるとのこと)。
これもやはり英語学習にものまま当てはまりそうではないでしょうか?例えば、歌がうまいとか絵がうまいとかはセンスが結構占めるような気がしますが(→センスがない者の意見ですw)、英語などは安河内先生なども「英語なんて言葉なんだ。こんなものやれば出来る」と言っていますしね。特に、英検やTOEICなどの資格試験などは、努力と結果に関して、本田さん的に言えば「一番ROIが高い」と言えようかと。
さらに、湯本さん、白戸さん口をそろえておっしゃっているのは、「結局は、近道なんてない」そうで、また「トレーニングを追求すればするほど、ベーシックな練習に戻る」そうです。トップアスリートお二人からこうした言葉を聞くと、勇気が出ますね。

3.ポジティブ思考が身につく
これは英語学習にも共通するというというよりは、「そうなれば英語学習にも鬼に金棒」と思える点ですが、トライアスロンを行うと自然と「ポジティブ思考」が身につくそうです。どういうことかと言うと、長丁場のトライアスロンではトラブルは付きものなので、いちいち細かいことは気にせずに、トラブルも前向きに捕らえて、白戸さん曰く「ムダに、根拠がないくらいw」ポジティブ思考になるそうです。
英語の資格試験、特に英検1級のように「ザ・ガマン」的な要素がある試験では、細かいトラブルは気にせずポジティブ思考で入れる人が本番では強いんでしょうね?ちなみに湯本さんは、医師免許をお持ちの方ですが、医学部の入試でも医師国家試験でも模試等では周りからは「ムリ」と思われていたそうですが、トップアスリートの経験から本番で力を発揮する力(いわゆるテーパリング)を重視して、本番では「逆転ホームラン」を打ったそうです。まさに、スラムダンクの安西先生の「あきらめたらそこで試合終了ですよ」ですねw。

【まとめ】
と言うわけで、本田直之氏、湯本優氏、白戸太朗氏の「カラダマネジメント・セミナー」に行ってきたという記事でした。

なお、この記事では紙面の都合上セミナー全体のごく一部の内容しか触れてることができませんでしたが、こちらUstreamの映像がありますので、ご興味ある方はご覧いただければと。ただし、全部で4時間超のセミナーですので、その場合には「トライアスロンのオリンピック・ディスタンスを完走する時間が必要」という覚悟が必要と思われますw。

また、今回のセミナーに関連するお三方の著書はこちらです。kosu0621も本田さんの著作は当然に読み、以前出席した本田さんのセミナーでお二人の書籍を薦めていたこともあり読んでいましたが、全部オススメできるものです。ただ、湯本さん、白戸さんについては今回生でお話を聞いて多少なりとも人柄を知ったので、もう一度読み返してみようと思います。

カラダマネジメント術! インナーパワー 仕事ができる人はなぜトライアスロンに挑むのか!?

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ


『竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!』出版記念セミナーに参加してきた件

先日チラッと書きましたが、昨日は『竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!』出版記念セミナーに参加してきました。

http://www.chukei.co.jp/sp/index.php?sp_id=42

kosu0621にとってはお二人とも初めて生でお話を伺う機会となった訳ですが、「やる気のチャージ」という点で非常に有用でした。ちなみに、会場には晴山陽一先生もお見えになっていましたw。以下、いくつかポイントをメモメモ。

1. 英語学習の「覚悟」を決める
竹岡先生、安河内先生が異口同音におっしゃっているのは、英語学習は決して「お手軽」に身につくという訳でなく、「継続的な努力」が必要ということ。換言すれば、英語学習に対する「覚悟」が必要とおっしゃっています。特に安河内先生は、そうした「覚悟」の一環として、以下の3つをやるくらいの気概が必要とおっしゃっています。
  • テレビのアンテナを抜く(→一番の時間の浪費の原因)
  • 日本の音楽を聴かない(→代わりに英語の音楽を聴く)
  • 読み物の50%は英語にする
かなり強烈な感じかもしれませんが、やはりどこかのタイイングで一定期間はこれくらい「英語にどっぷりつかる」ことは必要なんでしょうね。kosu0621は20代後半で英語を本格的に取り組んで以来7年くらい経ちますが、ぶっちゃけここ3年くらいは勉強量的には落ちているので、今一度気合いを入れる意味でも上記3つを実践しようと思うところ(、と言ってみるテストw)。
→冗談はさておき、真面目に検討していくと、1つ目は数カ月前からテレビのリモコンが壊れてから、面倒くさくてほとんどテレビを見なくなったし、2つ目も、そもそも最近音楽そのものを聴かなくなったので、結果的にクリア。問題は3つ目で、とりあえずGoogle Readerの登録サイトについて英語のサイトをすぐクリックでしやすい位置に配置すると共に、日本語のサイトをリストラして、残したものもスクロールが必要な位置まで移動させ、ひと手間かけるようにしたところ。あとは、「はてブ」の代わりに「Delicious」を優先して使うようにするとか、同じ情報なら、日本語より英語で書かれたものに当たるようにする(例:日本のニュースは、「サンスポw」から「Japan Times」へ)、といったところを検討中。

2.一つの教材を「繰り返す」

今の時代、日本ほど英語の学習教材に恵まれている国は存在しないとお二人ともおっしゃっています。ただ、その反面日本人の英語力が底上げされたかと言うと、そうでもないと。その原因の一つとして、恵まれすぎているが故、昔の英語学習者ほど一つの教材を「繰り返す」ということをしなくなったのではとおっしゃっています。これはkosu0621もモロに反省すべきで、一度買った教材はそれと「心中」するくらいの覚悟が必要と思っています。

3. とにかく「使う」

竹岡先生、安河内先生共々、英語については「どんどん使う」ことが大事とおっしゃっています。特にスピーキングについては、「話すのが先、直すのは後」という意識が必要なこと。あと、安河内先生曰く、「過度なネイティブ信仰」「他人の英語を論評すること」なんかも、自分の英語にブレーキをかける要因となるとのこと。自分ではそういう傾向はないと思っていますが、油断は禁物なので改めて心に刻んでおこうかと。

4. その他
その他、安河内先生の発言より、心に残ったものをピックアップ(→竹岡先生の話に中身がないということは決してないです。ただ、関西人故か今日は「笑いをとる」ことに重点を置いておられたようなw)。
  • 「人間は偏りがある」という前提で、「バランスを取る」意識が大事(→例えば、日本人は「机の上での勉強」にばかりベクトルが向き、「実戦訓練」を怠りがち)。意識的に足りない部分に目を向ける意識を。
  • 韓国語を学んだ経験から、語学マスターの秘訣はどの言語だろうと同じという結論。それは、①言語の基本的ルール(文法ばど)の強制注入と、②実践練習(音読による自動化)、のみ。
  • 英語学習継続の秘訣は、「人と比べない」こと。所詮「言葉なんですから」というくらいの気持ちで。

【まとめ】
と言うわけで、『竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!』出版記念セミナーに参加してきた件でした。

お二人共通してスゴイと思ったのは、それぞれ20年以上「英語を生業としている」キャリアがあるにも関わらず、決して「もう完璧」なんて思わずに学ぶ姿勢を持ち続けていること。当然、kosu0621なんかは、お二人に足下にも及ばないレベルである以上、この先もずっと努力していくことが必要な訳でして。。。

なお、セミナー終了後には、サイン会も開催され、kosu0621もお二人のサインを頂いてきました。
100704 

その時安河内先生からは、「TOEICで満点に到達したら、きっと『まだまだ自分は学ぶ点がたくさんある』という心境になりますよ」と声をかけて頂きました。まだ到達前ですがw、間違いなくそういう心境になるだろうと思っていますので、今日のお二人の話を肝に銘じて、引き続き努力を重ねていきたいと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ


プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。